鳥取 グルメ-郷土料理が楽しめる食事・お料理・飲食店「花のれん」(鳥取県鳥取市)

サイトマップ 採用情報 会社案内
山陰・鳥取 花のれん 鳥取の美味・食材を楽しむ
花のれん 春歌秋灯
HOME こだわり料理・お店検索 会席料理 本店 花のれん 鳥取シティーホテル店 花のれん 春歌秋灯
鳥取|鳥取市の郷土料理グルメ店「花のれん」:トップ   花のれん 春歌秋灯・鳥取シティホテル店 > 季節のお品書き
花のれん 春歌秋灯トップ
季節のおしながき
おまかせコース
おすすめ料理プラン
お昼の限定メニュー
店内・お席のご案内
交通アクセス
ご予約・お問い合わせ
稲葉肴ごよみ
 
季節のおしながき
春のお料理 夏のお料理 秋のお料理 冬のお料理
春のお料理
過去お出ししたコース料理の内容の一例です。現在ご提供していないものもございます。
料理内容と容器盛り付けなど写真と異なる場合がございます。
岩ガキ
■岩ガキ

鳥取の夏の主役は、なんといっても岩ガキ。
ボリュームといい、味、香りといい、県外のお客様には、夏にカキを食べられる珍しさも加わって、忘れられぬ味になっています。
しっかりと冷やし、レモン汁またはポン酢、タバスコ入りのソースで食べます。

鮑(あわび)
■鮑(あわび)

夏はアワビの一番うまい時季です。殻付きのまま真っ赤に焼けた石の上とか炭火に乗せて焼く豪快な料理で、磯の香りを存分に堪能できます。

イガイ
■イガイ

イガイを食べる地方というのは意外と少ない。イガイは、バターや味噌汁によくあう。
写真は、バター焼きしたものに白クリームをかけたもの。

虎魚(おこぜ)
■虎魚(おこぜ)

小魚の中で、うまさでは代表的な魚。頭・小骨・ヒレも骨せんべいのように芳ばしく食べられます。

イガイ飯
■イガイ飯

木クラゲと人参を入れ、炊き込みご飯とする。味付けはうす口醤油に鮭を少し入れ、薄味に仕上げます。

加茂茄子の味噌田楽
■加茂茄子の味噌田楽

白味噌八に田舎味噌二くらいのあわせ味噌を揚げた茄子の上にのせ、オープンで焼き上げます。

鱧(はも)
■鱧(はも)

山陰の海では採れませんが、夏の代表的な魚です。
冷やしたハモチリをバイ肉醤油で食べるのも、夏の楽しみです。

夏野菜の煮物
■夏野菜の煮物

芋、南瓜、ニンジン、レンコンのいずれも小さく切り、丸くそいだりしてカタチを整えます。味に濃淡をつけ、海老とかタコの味付けしたものを組み合わせて面白く仕上げました。

水貝と蒸し鮑(あわび)
■水貝と蒸し鮑(あわび)

水貝は夏の鮑料理の代表格。
アワビを一口の角切りにし、ウド、胡瓜、トマトなど夏野菜の切ったものを色姿良く盛り、うすい海水程度の塩水をつくり、はり氷を入れ盛り付けます。

海の幸の酢の物
■海の幸の酢の物

日本海ではワカメがたくさん採れます。他にオゴノリ、トサカノリ、クラゲ、海老を入れ、少量の野菜と醤油のドレッシングでいただきます。

マスカットのみぞれ和え
■マスカットのみぞれ和え

北条砂丘で採れる葡萄の皮をむき、大根おろしに塩味、果実酢を入れ和える。海老をボイルしたものを適当に包丁して入れます。

ハマボウフウと白イカの胡麻味噌和え
■ハマボウフウと白イカの
  胡麻味噌和え

初夏に砂丘へ行くと、砂に埋もれたボウフウがあります。歯ざわりと清楚な香りが生命です。

胡麻豆腐の生ウニ添え
■胡麻豆腐の生ウニ添え

山陰のウニの味はなかなかのもので、どんんな高級料亭に出しても、恥ずかしくありません。
胡麻豆腐は一つずつ流します。

トビウオ
■トビウオ

六・七月が一番の旬。
特に朝とれの「すぐいアゴ」が鮮度がよく、刺身にうってつけ。
鳥取名産糸カレギとおろしショウガを添えて。

鱸(すずき)の洗い
■鱸(すずき)の洗い

字のごとく魚ののぞき身を冷水で洗い、シャキッとさせて刺身で食べる。
ご予約・お問い合わせ   交通アクセス   採用情報    会社案内   サイトマップ ページトップへ
山陰・鳥取 花のれん
⇒鳥取 グルメ(郷土料理・じげ料理の花のれん) - 鳥取県鳥取市
→鳥取 花のれん  →鳥取 春歌秋灯
ご予約・お問合せ 交通アクセス 山陰・鳥取 花のれん